三井住友銀行の株主総会で、役員の報酬・退職慰労金の開示を求める
株主提案をすることについての御賛同のお願い


                                大阪市北区西天満4−6−3
                                第5大阪弁護士ビル3階
                                株主オンブズマン
                                代表 森岡孝二



 青葉のさわやかな季節となりましたが、皆様御清栄のことと存じます。
 株主オンブズマンは、株主の立場から企業の監視と情報開示等のために活動している市民団体です。
 昨年開催された旧住友銀行の株主総会では、株主オンブズマンは71名(40万8000株)の株主の御協力を得て、
役員の報酬・退職慰労金の個別開示を求めて株主提案を行ない、多数の株主の御賛同を得ましたが、残念ながら否決さ
れました。商法の規定により同一内容の提案はできませんが、この議案の重要性はいささかも変わるものではありません。
 住友銀行は三井銀行と合併し、三井住友銀行となり、本年6月に株主総会が開催される予定です。
 役員の報酬・退職慰労金の額の開示は会社の株主に対する情報開示として重要性を有し、既にその個別開示をしている
上場会社もあります。
 また、この情報開示に他銀行に先駆けて踏み切ることが、株主は勿論、外国の機関投資家並びに社会からも透明性のあ
る企業として高く評価されるものです。
 株主オンブズマンの会員が原告となった先日の住友商事の株主代表訴訟の和解の際、住友商事は役員の退職慰労金の議
案については、対象となる取締役・監査役ごとに予定支給額を、報酬の議案については役員に対する予定支給総額と最高
支給額並びに平均支給額を総会で開示するとの見解を発表しました。
 これをふまえたうえで、今年度の三井住友銀行の株主総会においては後記の株主提案を株主の皆様方のお力を得て提案
したいと存じます。また、この提案の前に会社と事前交渉も行ない、会社が私達の提案に賛成するならば、提案の必要性
がなくなるかも知れません。このような交渉権限についても委任されたくお願い致します。
 御賛同頂くことをお願いするとともに、その節は同封の株主提案についての委任状を返信用封筒にて株主オンブズマン
宛に遅くとも5月10日までに御返送頂ければ幸いです。ご不明の点は下記連絡先の弁護士まで御一報下さい。

                             記

 役員の報酬・退職慰労金の株主への開示に関する件
1. 取締役及び監査役の報酬につき、当該年度に在任した取締役及び監査役ごとに予定支給総額、最も高額な報酬を受け
  る者に対する予定支給額、及び予定支給額の平均額を株主総会において開示する。
2. 取締役及び監査役の退職慰労金の議案を総会に提案するときは、取締役及び監査役ごとに予定支給総額、最も高額な
 退職慰労金を受ける者に対する予定支給額、及び予定支給額の平均額を議案に明記して提案する。

        	          連絡先
                         弁護士 松  丸     正
                         堺市中瓦町1−4−27小西ビル
                         рO722−32−5188
                                              弁護士 阪  口  徳  雄
                         大阪市北区西天満3−14−16
                         西天満パークビル3号館8階
                         рO6−6314−4188

三井住友銀行関連情報メニューへ戻る