諫早湾干拓事業を受注したゼネコンの
       政治献金に対する代表訴訟の呼びかけ

───── 株主、弁護団募集中 ─────

1.諫早干拓事業を受注しているゼネコンが自民党長崎県連に、この6年間3億円を献金していることが
  国会の衆議院予算委員会で明らかになりました。

2.私達は、日建連加盟のゼネコンが政治献金をすることは、公職選挙法199条1項違反であると考え、
  日建連に対し、昨年春に献金しないよう要求しました。
  更に、昨年6月26日、熊谷組が自民党に約1億円の政治献金をしていることが違法だという理由で、
  福井地裁に提訴致しました。
  ゼネコンの献金理由は、「建設業等にとって自由主義経済体制の維持、発展が重要な要素であり、
  その政策の策定、実施をしているのが自民党である」から献金していると裁判所で説明しています。
  私達は、公共工事を受注する企業が権力を握る自民党に巨額の献金をすることは、自由主義体制
  の問題とかが本当の理由ではなく、公共工事に重大な影響力を有する自民党に対する「賄賂」であ
  ると反論しています。

3.諫早干拓事業を受注したゼネコンが、長崎県連に3億円余も献金する理由は、政治献金の賄賂性を
  直接に証明するものと思われます。
  私達が提訴を検討している企業は、
  五洋建設梶i東京) 3700万円
  若築建設梶i福岡) 3200万円
  西松建設梶i東京) 2000万円
  褐F谷組 (福井) 1900万円
  東洋建設梶i大阪) 1650万円
  椛蝟{組 (岡山) 1050万円
  について、その献金が違法だという理由で、株主代表訴訟を検討中です。
  更に、諫早干拓事業に関係のある熊本県連にも同様の献金をしています。 これとは逆に、諫早干拓
  事業に関係のない鹿児島等の県連には、これらのゼネコンが献金をしていません。ますます、賄賂性
  が明白となります。
 
  よって、上記会社の役員に対して株主代表訴訟を行うことを検討していますので、これに賛同する株主、
  弁護団を公募しています。
 
  是非、ご協力下さいますようお願いします


    トップページへ戻る