別紙2

 

「倫理・品質委員会」(仮称)の骨子について

 

1.委員会の名称

  「倫理・品質委員会」(仮称)

  なお、委員会の名称については、株主提案の「食品安全監視委員会」も含め、第1

  回委員会で協議・決定する。

 

2.委員会の機能・権限

(1)雪印乳業株式会社(以下、会社という)の企業活動が倫理面において適正であるかどうかを検証し、また商品の安全、表示、品質等について消費者の立場から検証し、会社の取締役会に提言・勧告をする。

    (2)検討テーマは、会社の取締役会の意向を踏まえ委員会が決定する。

    (3)専門性の高い課題については、専門部会を設ける事ができる(当面は品質部会を予定)

 

3.委員の構成

(1)委員会は外部の専門家等の有識者を主体とし、若干名の会社の取締役とで構成する。

なお、委員会の定数は10名以内とする。

(2)委員は会社の取締役会の決議を経て社長が委嘱するものとし、委員長は委員の互選により決定する。

(3)委員の任期は、毎年7月1日から翌年6月末までの1年間とする。ただし、委員の

 再任は妨げないものとする。

 

  第1期  委員会メンバー(案)

消費者団体の推薦者(社外取締役)

品質の専門家

法律の専門家(顧問法律事務所の推薦者)

企業倫理の有識者

雪印乳業労働組合の推薦者

社外取締役の推薦者若干名

常勤取締役若干名

 

4.委員会の運営

(2)委員会の開催は委員会で協議・決定する。

 

(3)専門部会は、委員を部会長とし、若干名の専門家で構成する。部会長および専門家

 は委員長が指名する。

(4)事務局は「企業倫理室」が担当する。

 

5.委員会の設置………平成14年6月

 

6.添付資料……………「倫理・品質委員会」(仮称)の位置付け

以上