内部告発支援センター発足シンポの案内

 公益通報(通称内部告発)支援センターの発足にあたって

                公益通報(通称内部告発)支援センター準備会
                              連絡先  Tel 06-6314-4192

 日  時 10月29日(火) 午後6時〜8時30分

 場  所  大阪市北区南森町1−3−19 
      東興ホテル(地下鉄南森町駅2号出口上)     
      (06−6363−1201)

 テ ー マ  『内部告発を考える』

報  告  『公益通報(内部告発)センターの発足について』         
           片山登志子(弁護士)

基調講演   『今何故内部告発か』
       宮 本 一 子 氏(「内部告発の時代」の著者)

報告    @『企業から見た内部告発』   堀   龍 児(日商岩井株式会社専務) 
       A『企業のスピークアップ制度の問題点』    森岡 孝二
                       (関西大学教授・株主オンブ ズ゛マン代表)
       B『外国における内部告発保護法と我が国の原子力法立法のあリ方について
                        田邉朋行(財団法人電力中央研究所研究員)     
 
       C『医療における内部告発の難しさと問題』
                              報告者 依頼中

質疑討論   
まとめ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 最近の企業の不祥事の多くは、内部告発によって、初めて社会に公になっていま
す。野村証券総会屋利益供与事件、三菱自動車クレーム隠し、雪印食品、日本ハムの
詐欺事件、東京電力の隠蔽等々。我が国では内部告発者を保護する法律は、原子力法
等極めて少なく、現在進められている消費者保護 基本法の見直しにおいてもその導
入の方向が検討されています。
 私達は、このような立法の促進と企業、行政に対し、内部告発者保護制度の設置要
求を目標に、当面、内部告発者の相談を受付し、必要な場合はその企業、行政等に是
正又、悪質なケースは告訴、告発等もするセンターを設立します。 ぜひ参加して頂
き、内部告発について討論を致したく考えておりますので、ご出席の程、お願いしま
す。

 なお、ご出席くださる方は、
予め御連絡先、参加人数をFAX(06−6314ー4187)にてお知らせ下さい。


                          トップページへ戻る