トヨタ自動車の株主の皆さんへ

トヨタ自動車株式会社の本年の株主総会で、株主提案をすることについての御賛同のお願い

 陽春の候となりましたが、貴社におかれましてはご清栄のことと存じます。  株主オンブズマンは、株主の立場から企業改革と情報開示等を求めて活動している市民団体です。昨年はソニー、雪印などに株主提案をしており、マスコミにも好意的に報道されています。  企業(コーポレートガバナンス)の整備・充実の大切さが叫ばれています。その中でも、株主重視の適切な経営が求められています。トヨタ自動車は国内のみならず、世界的にもリーディングカンパニーとして評価されています。  株主重視すなわち、株主に配慮した配当、株主が参加しやすい総会、株主にガラス張りの役員の報酬の視点に立った経営を行うならばトヨタ自動車がより国内、国際的にもより評価され、株主価値を増大するとの観点から株主提案の方針を固めました。  株主提案を行うためには多くの株主の賛同を得なければ行動することができないため、御協力を願うものであります。  この6月の定時株主総会における議案を株主として提案する内容は、次の点であります。 (1) 株主配当金の増配 (2) 株主総会に株主が参加しやすい日時に変更する (3) 取締役及び監査役の報酬、並びに退職慰労金の個別開示 この具体的な内容は別紙のとおりであります。  以上の趣旨から、本年のトヨタ自動車の定時株主総会においては、株主提案を株主の皆様方のお力を得て提案したいと存じます。  ご賛同頂くことをお願いするとともに、その節は同封の株主提案についての委任状を返信用封筒にて株主オンブズマン宛てにご返送頂ければ幸いです。なお、本委任状は、当株主提案のみに利用し、その他に利用することは一切ないことを念のため申し添えさせていただきます。

2003年4月4日

〒530-0047 大阪市北区西天満4-6-3 第5大阪弁護士ビル3階 株主オンブズマン 
代表者 関西大学教授 森岡孝二 TEL:06-6314-4192 FAX:06-6314-4187

(注)トヨタ自動車における株主提案のためには少なくとも300単元(30,000株)が必要になります。よって、商法規定により株主名簿を取り寄せ、その中から無作為に抽出して株主各位にこのお願い状を送付させて頂いたものであります。


トヨタ自動車株主提案の原案

株主提案1 株主配当金の増配の件

平成15年3月期決算における株式配当金を1株当り34円とする利益処分案とする。平成14年9月中間期における中間配当は、既に1株当り16円が実施されているため、年間配当金は1株当り50円となる。

(提案理由)

株主重視の経営は、企業が高い収益をあげている場合には株主にそれ相当の配当で報いるものでなければならない。低配当は株主軽視の謗りを免れず、ひいては株主に眼を背けた経営と揶揄されかねない。株主重視の経営は、企業統治(コーポレートガバナンス)の視点からも重要である。このことを基本に置きつつ、配当性向を勘案した。 過去7年間における年間ベースでの当社の配当は、1株当り19円〜28円であり、配当性向は21.5%〜32.5%の範囲であった。また、わが国の上場企業における配当性向は過去20年以上に亘り金融保険業を除けば概ね30%を上回っていた。当社の当年度業績が相当の増益であることを考えれば、単体ベース1株当たりの公表予測利益の30%程度を株式配当とすることは決して困難ではない。以上の理由から、当期は1株当りの配当金を50円(うち期末配当金は34円)とすることを求めるものである。

株主提案2 株主総会の開催日を株主が参加し易い日時に変更する件

現行の定款9条の規定「当会社の定時株主総会は毎年6月に招集し、臨時株主総会は必要に応じてこれを招集する」に、「株主総会の開催日を決定する際は、多数の株主の参加し易い日時(いわゆる株主総会集中日などを避け、土曜日、日曜日を含む日時をいう)に開催する」という文言を追加する。

(提案の理由)

株主総会は、会社の基本的な意思決定を行い、利益処分案を承認し、役員を選任する場であるだけでなく、経営陣が株主と対話をする場でもある。そうである以上、株主総会は、一般株主ができるだけ出席しやすい日時に開催されなければならない。 しかるに、当社の株主総会は毎年6月下旬のいわゆる集中日、又はその前後の日時に開催されてきた。この慣行は、総会屋対策のための特別な警備が必要であった時代はともかく、現状では一般株主の出席を困難にし、経営陣と株主の意見交換を制限する点で種々の弊害を生んでいる。世界のリーディングカンパニーである当社が株主総会を株主が参加し易い(集中日はもちろん、その前後の日を避け、土曜日、日曜日を含む日時)に開催することは、国内はもちろん国際的にも経営の透明性と社会的責任を重んずる企業として評価され、企業イメージを高め、ひいては株主価値を高めるものである。

株主提案3 役員一人一人の報酬・退職慰労金等の株主への開示に関する件

(1) 事業年度毎の取締役および監査役の報酬・賞与額については、個々の取締役および監査役毎にその金額を、当該事業年度の株主総会の招集通知に添付する参考書類に記載して開示する。 (2) 取締役および監査役の退職慰労金贈呈の議案を株主総会に提案するときは、退任する個々の取締役および監査役毎にその金額を議案に明記して提案する。

上記(1)(2)の条文を定款に新設する。

(提案の理由)

 商法は、役員の報酬および退職慰労金は、株主総会で定めることを原則としている。しかし、当社においては役員の報酬および退職慰労金を取締役会等で決定し、各役員の個別の支給額は株主には明らかにしていない。議員の歳費が有権者の知らないところで決定され、有権者に知らされないということがあってはならないのと同様に、株主から経営を委任されている役員の報酬および退職慰労金の額が株主に知らされないということはあってはならない。  日本を代表する世界企業としてグローバルに事業活動を展開している当社が役員の報酬および退職慰労金を他の国内の会社に率先して株主に開示することは、透明性のある企業、情報開示に熱心な企業として、当社の国際的信用を高め、株主の負託にこたえ企業価値を増大させるものである。

                                          以上


                   委任状   株主提案ップページへ戻る    トップページへ戻る