通 知 書

〒108−8215
東京都港区港南2丁目16番5号
三菱重工業株式会社 
   代表取締役社長 佃 和夫 殿

 〒100−6326
東京都千代田区丸の内2丁目4番1号
丸の内ビルディング26階
株式会社三菱東京ファイナンシャル・グループ 
   代表取締役社長 三木繁光 殿

〒100−8086
東京都千代田区丸の内2丁目6番3号
三菱商事ビル本館
三菱商事株式会社 
 代表取締役社長 佐々木幹夫 殿


 冠省、益々御清栄のことと存じます。
 株主オンブズマン(代表者理事長森岡孝二関西大学教授・大阪市)は、市民株主の立場から企業監視・評価等を目的
とするNPO法人です。当株主オンブズマンの会員が三菱自動車工業株式会社(以下三菱自動車といいます)に対し、
リコール隠し問題で、株主代表訴訟を東京地方裁判所に提訴し、2003年(平成15年)12月2日、再発防止のた
めのコンプライアンス体制を確立することも含めて、和解しました。
 にも拘わらず、三菱自動車は、車輪と車軸をつなぐ重要な部品であるハブについて、以前より破断が生ずることが多
発しているのにその原因を調査せず、「整備不良」等としてリコール等の安全対策をなさなかった。

 その結果、2002年(平成14年)1月には、ハブの欠陥によりトレーラーの車輪が脱落し、母子が死傷するとい
う痛ましい事故まで発生しました。
 自動車メーカーとして最も重要な課題である安全性、欠陥対策が、リコール問題での株主代表訴訟が係属中であるに
も拘わらず、同社において懈怠されてきたことは、自動車メーカーとしての存立の基盤さえ崩れ去るほどの重大問題で
す。
 ドイツのダイムラークライスラー社が追加支援を拒否したのも上記事実と密接に関連しています。
 これに対し、貴社ら(三菱東京フィナンシャル・グループについては持株子会社の東京三菱銀行)は、三菱自動車の
事業再生特別チームを立ち上げ、三菱自動車の2500億円規模の増資に応じようとしています。

 30年間続いたリコール隠し問題が発覚し、それを是正したとして再出発した三菱自動車が再び同種の行為を繰り返
していることは、同社の組織が「安全性」という最も肝心の点において機能不全に陥っていることを示しています。こ
のような安全性を平然と二度も無視、軽視する同社の企業体質、風土は、改善不可能としてユーザーから厳しく批判さ
れています。

 上記のような機能不全の企業に、貴社らが漫然と、三菱グループの一員であるというだけで2500億円もの増資に
応じることは、取締役の善管注意義務に違反する疑いが存在いたします。
 したがって、2500億円もの増資に応ずる以上、三菱自動車の上記企業体質、風土を根本的に改革しユーザーの信
頼を勝ち得ないかぎり、市場から追放される危険性すら存在します。
 そのためには、三菱自動車の企業体質、風土を根本的に改革するための諸政策を講じる必要があります

@ 三菱自動車の組織が安全性について機能不全に陥っている以上、その原因を徹底的に解明し、そのために企業体質、
    風土をどのように改革すべきかを明らかにすること。
A 三菱自動車の経営に関して、広く社外からの取締役を導入することはもちろん、その中に、消費者団体の意見を聴
    取したうえ、自動車の安全性の専門家であり且つユーザーの立場で安全性の問題に取り組んできた複数の社外取締
    役を選任すること。
B 業務執行役員についても、貴社らの大口出資会社の役員や社員の人事だけではなく、広く内外から抜本的に若返っ
    た人選を行う等して全社員が改革に取り組めるための組織及び意識改革を行うこと。
C 今回のハブの欠陥並びにその隠ぺいについて、刑事捜査に委ねることなく自主的な原因究明とトップを含めた者の
    責任を厳しく追及すること。
が求められています。

 これらの点を三菱自動車が改革することなしに、自動車メーカーとしての社会的信用を回復し再生することはできま
せん。
 同時に、貴社らが行おうとしている増資の引受けによっても同社の再生は果たせず、増資相当額につき貴社に損害を
もたらす結果を招来することが考えられます。
 そのような事態に至ったときには、当株主オンブズマンとしては、貴社らの株式を保有する株主会員を支援すること
により、株主代表訴訟を提訴することも辞さない旨ご通知いたします。
 三菱自動車の抜本的な改革を要求いたします。

 
                 2004年(平成16年)4月28日

                      大阪市北区西天満4丁目6番3号
                      第5大阪弁護士ビル3階
                                            TEL06−6314−4192
                      NP0法人株主オンブズマン
                          代表者理事長 森岡孝二
                                                (関西大学教授)

     トップページへ戻る