日本ハム株式会社への申し入れ                        2002年8月27日


牛肉偽装事件の真相解明と不祥事の再発防止のために、企業体質の改革を含む経営の
抜本的改革を求めます

                        株主オンブズマン
                        代表者 関西大学教授 森岡孝二

 私たちは、株主の立場から、企業の違法行為を是正し健全な経営を推奨する目的で、企業改革と情報開示等のために活動している市民団体です。
 
 私たちは8月6日以来大きな問題になってきたBSE対策の買い上げ事業を悪用した牛肉偽装事件について、貴社の社内における真相解明、責任追及、経営改革の行方を重大な関心をもって見守ってきました。
 
 そうしたなかで、貴社は、8月20日、臨時取締役会を開催し、記者会見を行い、社内調査結果と、この事件に関連した処分等について発表しました。しかし、社内のトップの処遇ばかりに配慮し、何故このような事態に至ったかが明らかにされておらず、企業体質、社内風土については何の言及もありませんでした。発表された再発防止策も経営体制の刷新を伴わない看板倒れのものでした。

 貴社は自ら起こした偽装事件によって、消費者と取引業者の信頼を失い、売上の減少と売場からの商品の撤去によって、会社存亡の危機に立たされています。こうした状況にあっては、従来の体質、風土を引きずったありきたりの改革では、消費者の信頼回復は期待し得ず、したがって現在の危機を乗り切ることはできません。
 
 いま貴社が行うべきは事件の真相解明と再発防止のための抜本的な企業改革です。そのための改革は社内ばかりを見るものであってはならず、企業に外部の目、消費者の視点をどう組織的に導入するかを基本に置くべきだと考えます。私たちは、この「外部の目、消費者の視点から」、貴社に対して、取締役会の責任において、これまでの遵法精神の欠如と隠蔽体質ならびに同族経営的、閉鎖的体質と風土を抜本的に改革するために、つぎのような措置を早急に実施することを要望します。

(1) 取締役会の経営監視機能を高めるために、消費者団体、日本弁護士連合会等の外部団体の推薦を受けた真の社外取締役を次期株主総会で選任する前提で、社外取締役的地位の役員待遇の適任者を少なくとも2名以上早急に招聘する。

(2) 真相解明のために外部の独立した弁護士、学者、消費者等の委員で構成する調査委員会を設置し、企業体質や社内風土を含む根本的原因を調査し、その結果を公表する。

(3) 違法行為の再発を防止するために、外部の独立した委員を中心とするコンプライアンス体制を確立し、真に実効性のある「スピークアップ制度」(内部告発の推奨・保護制度)を導入する。
                     
 私たちが今春行った食品企業に対する安全問題に関する調査では、貴社は社内に内部告発者保護制度があると回答しています。しかし、今回の事件は社内の人間が担当するやり方ではそれが有効に機能しないことを証明しています。そのために通報や発見が遅れ、取り返しのつかない事態になったとも言えます。その点で、弁護士会や消費者団体の推薦を受けた、会社と利害関係を持たない外部の適任者が受付、相談、是正勧告等を担当する「スピークアップ制度」を導入することが急がれます。
 
 今回の事件の偽装工作については専務と副社長が2月の時点で報告を受けていながら、社長は8月6日までは知らなかったとされています。しかし、これは株主にとっても消費者にとっても、納得のいかないことです。もし社長に報告されていないとなると取締役会は機能していなかったことになります。いずれにせよ徹底した真相解明が求められおり、取締役会の経営監視機能を高めるための、社外取締役の選任を含む抜本的な経営刷新が求められています。
 
 社会的に企業倫理や遵法精神に基づいた企業経営が求められるなかで、牛肉偽装という食への信頼を大きく損ねる犯罪行為を行い、この犯罪がなされた後もそれを隠蔽し続けたことは、なによりも商品の安全と安心を重んずるべき食品会社においては自殺行為に等しいと言わざるを得ません。しっかりした企業倫理の下で法令遵守の経営が行われない限り、事業の発展は望むべくもなく、会社の存続をさらに危うくし、株主の利益をいっそう損なう結果になります。

 貴社と同じく牛肉偽装事件を起こした雪印乳業は、この4月、消費者団体の推薦を受けて社外取締役を選任することを求める私たちの株主提案を受け入れ、6月の株主総会において、全国消費者団体連絡会前事務局長の日和佐信子氏を社外取締役に迎え、企業改革に取り組みはじめました。貴社の場合は、牛肉の偽装だけでなく役員が隠蔽工作まで行っており、さらにその後のお粗末な「再発防止策」の発表等をみても、事態はいっそう深刻です。それゆえに雪印乳業以上の抜本的改革が望まれます。

 私たちは、貴社が真に抜本的な企業改革を実行して、消費者の信頼回復と会社再生に踏み出すことを切望しています。その点で、貴社取締役会の英断を期待します。これは市民株主だけでなく機関投資家を含む大多数の株主の強い願い、要求であると思います。この改革が実現するかどうかは株主価値に重大な影響があるからです。

 しかし、不幸にして、上記の要望が速やかに実現されない場合には、貴社経営陣の責任を追及する株主代表訴訟を提起せざるをえず、また、貴社の体質、風土の抜本的改革のための株主提案を多くの株主に呼びかけざるをえないと考えています。

 以上、貴社の誠意あるご回答をお願いします。
                     


<連絡先>
                      大阪市北区西天満4−6−3    
                      第5大阪弁護士ビル3階
                      Tel 06-6314-4192 Fax 06-6314-4187  



トップページへ戻る