公 開 質 問 状


1 貴殿の日々のご活躍に対し敬意を表します。
  さて、私たちは、日本生命、住友生命の国民政治協会への企業献金が契約者の意思に反するとして、大阪地
  方裁判所にその差し止め等の裁判を担当する弁護団であり、又それを支援する市民団体です。

2(1) 今回の裁判の過程の中で、企業献金は何に使われているのか、その使途を調査してまいりました。 
  ところで、貴党の支出のうち、政党助成法に基づく政党交付金の使途等については、極めて詳細に自治省に提
 出されています。
  しかし、政党助成法に基づく支出以外の支出のうち、とりわけ組織活動費については、支出された金額、その年
 月日、国会議員の住所、氏名が記載されているだけであります。1998年度(平成10年度)の各国会議員 への支
 出は、合計57億8670万円の巨額にのぼっています。
 (2) そこで、私たちは、貴党が支出したとされる各国会議員が主催する資金管理団体のうち、自治省に届け出て
  いる国会議員の同年度の収支報告書を見ますと、とにかく自由民主党本部から収入があったと記載されている
  国会議員はわずか7名であります。
  大半の国会議員は、貴党から交付された「組織活動費」なる名目で支出された金が何に使われたのか、収支 
 報告書上不明であります。
    とりわけ、大口受取人の国会議員を見ると、
  加藤紘一に45回 合計93,710万円
  森喜朗に23回 合計41,210万円
  となっています。
  1回で大口の受取人の国会議員も次のとおりとなっています。
  1998年6月1日  奥田幹雄 金1億円
  同日  関谷脇嗣 金1億円
  同日  宮下創平 金1億円
  同日  西田司 金1億2千万円
  同年度の上位19人の明細は、別表1のとおりです。
   平成8年、9年の大口の国会議員の氏名は、別表2のとおりです。

3 具体的質問事項
 (1) 組織活動費名目で各国会議員に出した金については、国会議員への政治活動に対する寄附になるのです 
 か。政治活動に対する寄附ならば、国会議員が自己の資金管理団体に自由民主党から寄附を受けたとして政 
 治資金規正法上記載すべきだと考えますが、大半の国会議員は、自己の資金管理団体にその旨記載していま 
 せん。この点について、貴党は、各国会議員にどのように指導しているのですか。
(2) それとも、貴党の交付趣旨は、政治活動として国会議員に交付したのではなく、国会議員個人に交付したので
  すか。
  そうすると、受け取った国会議員が税務上の雑収入として計上し、且つ、その個人が経費として支出したとすれ 
 ば、その明細は申告書に記載すべきことになると考えられます。その点については、貴党は各国会議員にどの 
 ように指導されているのですか。
(3) また、組織活動費名目の支出金は、政党の「機関」に対する支出になるのですか。
  しかし、そのような「機関」として国会議員が交付したというだけでは、政治資金規正法第12条2号、同法4条5
  項に定める「支出」に該当しない考えられます。それは単に、政党の内部組織の一機関に預けたというだけで、  
最終的にその機関たる国会議員が第三者に支出した先を記載するのが、同法で定められている「支出先」を
  記載すべきと考えるからであります。もし、この立場だと、法25条1項2号の「12条1項の規定に違反して、同 
 法の収支報告書に記載すべき事項を記載しなかった者、又は虚偽の記入をした者」に該当し、5年以下の禁固 
 刑または500万円以下の罰金に処せられます。

4 時折しも国会議員の金のあり方が問題となっています。
  なお、貴党のご回答をいただいた上で、交付を受けた各国会議員全員に質問をするつもりですので、本書到達
  後約15日以内に文書でご回答下さるよう要請致します。

                                            2000年9月6日

                                            株主オンブズマン
                                            代  表 森  岡  孝  二

                                            日生・住生政治献金弁護団
                                            団  長 松   丸    正

                                            大阪市北区西天満3丁目14番15号
                                            西天満パークビル3号館8階
                                            あさひ法律事務所
                                            連 絡 先 弁護士 阪口徳雄

     東京都千代田区永田町1−11−23
     自由民主党
     代 表 者  森  喜 朗  殿
     会計責任者 野 中 広 務 殿


  不透明な開示

自由民主党政治資金収支報告書における「組織活動費」の開示について

■自民党の組織活動費として支出された資金のほとんどが、自民党議員に流れている。その開示内容は、支出年月日、金額、支出の相手先(自民党の国会議員)が記載されており、支出の相手先として議員名の記載であることが、最も重要な問題点である。その相手先は当該年度の自民党幹事長(森喜朗など)が飛び抜けて多い金額になっている。1999年度では、その総額は48億円に上っている。

■ この内容は、官報に掲載されていない。自治省における開示場所にて閲覧できることになっている。謄写(コピー)は不可。

■ 収支報告書に記載すべき支出の相手先は、その資金を受領した最終者名を記載すべきである。この資金は、自民党として一定の党活動のための資金を自民党から議員に預けられたものである。受領した議員は、自民党としての一定の目的に沿って党活動(広報など)を行うものであろう。その使途は、自民党本部に報告するのが筋である。資金報告書には、議員が預かった党資金の使途を記載すべきである。しかし、預けられた議員名がその使途という報告になっている。

■ 自民党から各議員に預けられた資金であるからこそ、各議員の所得にもならないし、各議員の政治資金収支報告書にも収入として掲載されないことになる。

■ いずれにせよこの資金の最終の行方は不明である。政治資金がこれだけ不透明であることは、政治資金規正法の趣旨を全く踏み躙っていると言わざるを得ない。

■ このような不透明さであるため、当事者である自由民主党本部に対して組織活動費の取扱について質問を行った。所属各議員に対しても同様の質問状を送付した。

■ 各議員からの回答は一切なかった。しかし、自由民主党本部から、以下のとおりの回答が寄せられた。(下記参照)

■ 回答内容から判断するに、議員各個人の所得にもならないし、個人の政治資金収入にもならないことが判明。また、上記に記載の通り、自民党としての政治活動のための資金を所属議員に渡したものであるとの説明であった。

■ このような事実関係を踏まえれば、自民党の収支報告書は、事実と相違する報告書と考えざるを得ない。各議員に渡して後は一定の党方針の下、自由に使ってよいとしても、政治資金の使途は各議員ではない。各議員に自民党が預けたに過ぎないのである。

■ この組織活動費は4つに区分することが出来る。
@ 幹事長に資金が流れている部分。いわば幹事長扱い資金である。その資金の行方は不明。同一日において金額を区分して幹事長に対する支出が報告されていることも奇異である。
A 派閥における主要関係者に流れている部分。この資金の行方も不明。派閥の中で使われている模様。
B 選挙での立候補調整、自民党に入党するための支度金てきなものとして使用されている部分。その資金の行方も該当議員の向こう側は不明。
C 盆、暮において比較的画一的に所属議員に対する資金供与部分。議員個人としての収入でないとされているため、当該資金のその後の行方も不明。
このように、分類を行ったが、受領したとされる議員の向こう側はいずれも行方不明であり、正に不透明である。


以上、自由民主党の組織活動費について見解を示した。なお、本見解は株主オンブズマンとしての公式見解でないことをお断りします。
事務局レベルでの見解であります。

以上
        
    


               回 答 書

              組織活動費に関わる質問に対する回答について

 貴弁護団からのご質問につきましたは、他裁判に関わることでもありますので個々の議
員において回答することは控え、下記の自由民主党としての統一見解をもって回答とさせ
ていただきます。
 
                          記

 政治資金は政治資金規正法に基づいて適正に処理されており、毎年、収支報告書にて報
告いたしております。

 組織活動費は、党役員・党所属議員に目的を定めて支給されており、政策立案及び政策
普及のための情報収集・調査分析、党組織拡大のためのPR活動等の政治活動に使われて
います。

 党役員・当所属議員としての政治活動経費に全て使われていますので、個人の利益とな
る所得ではなく、税務上の処理はありません。

                                          以 上


                             平成12年11月28日

                                         自由民主党本部


大阪市北区西天満3丁目14番15号
  西天満パークビル3号館8階
株主オンブズマン
  代 表  森岡孝ニ 殿
日生・住生政治献金弁護団
  団 長  松丸 正 殿