2006年1月11日、名古屋高裁金沢支部で、熊谷組株主代表訴訟の判決の言渡しがあった。

  一審判決(福井地裁)は、株主の請求を一部認めて松本元社長に約2860万円の返還を命じた。

  しかし、高裁は、一審判決を取り消し、株主の請求を棄却する逆転判決を言い渡した。 判決全文

 株主はただちに最高裁に上告する予定である。 

 なお、熊谷組株主代表訴訟の争点については、弁護団の阪口徳雄弁護士がブログ「政治献金」に掲載している。参照されたい。