報道番組に対する国会議員等の介入等に関する要請書 目次



第1 要請の骨子
 1 NHKの経営委員会のもとに「国会議員等の介入等に関する実態調査委員会(仮
  称)」を直ちに設置すること

 2 国会議員等の個別放送番組に対する放送法3条違反又はその疑いに関する公益
  通報(内部告発)受付・調査機関を経営委員会のもとに新設すること

 3 誠実な回答を求める


第2 理 由
 1 放送番組に対する政治家の放送法3条違反の疑い
  (1) 取材を受けた側からの異議申立
  (2) 担当したプロデューサーからの内部告発
  (3) NHKのコンプライアンス推進室の調査

 2 NHKのコンプライアンス通報規定とその推進室の調査の根本的欠陥
  (1) NHKのコンプライアンス通報規定の制度上の欠陥
  (2) コンプライアンス推進室の調査の内容上の欠陥
  (3) 政府、与党等、権力を持つ者へのNHK幹部の過剰な自己規制
  (4) 国会議員とNHK記者との異常な癒着
  (5) 視聴者を納得させる調査が必要である

 3 放送法3条に違反するNHKの放送は受信契約違反である
  (1) NHKへの受信料の支払いは契約によって発生するものである
  (2) NHKの債務に重要な瑕疵(欠陥)があれば同時履行の抗弁権を理由に受信料の
   支払を一時留保することは認められる

 4 視聴者を納得させる制度の設置を要求する

 5 私たちはNHKが変わることを願っている

 6 NHKが自浄能力を発揮することを願う

 7 NHKの放送に対する国会議員からの介入等に関する通報(内部告発)受付センター
  (仮)について


− トップページへ −