2000年5月8日
株式会社住友銀行
  頭取  西 川 善 文  殿
                          住所  略
                    森   岡   孝   二 (関西大学教授)
                          事務所所在地  略
                                 阪   口   徳   雄 (弁 護 士)
                           事務所所在地  略
                     松   丸       正 (弁 護 士)


            商法232条の2に基づく株主提案の請求


  別紙松丸正外72名の株主(合計450,000株)が、商法232条の2に基づく株主提案権を
 行使します。
 提案の内容、提案の理由は次のとおりです。

1 提案の内容
 役員等の報酬、退職慰労金等の株主への個別開示に関する件
 (1) 事業年度毎の取締役および監査役の報酬・賞与額については、個々の取締役および監査役
   ごとにその金額を当該事業年度末に作成する営業報告書(商法281条1項3号所定)に
   開示する。
 (2) 取締役および監査役の退職慰労金贈呈の議案を株主総会に提案するときは、退任する個々の
   取締役および監査役ごとにその金額を明示する。
 の条文を定款に新設する。

2 提案の理由
  商法は、役員の報酬および退職慰労金は、定款にその額を定めていない限り株主総会で決めると
 規定している。
 しかし、当行においては全て取締役会等に一任され、各役員の個別の支給額は株主には明らかに
 していない。その理由として役員のプライバシー等が持ち出されるが、株主から経営を任されて
 いる役員の報酬および退職慰労金の額を株主に知らせることは、役員の株主に対する責務である
 といえる。
 米国では役員報酬の個別開示が現になされており、日本でも昨年、複数の上場・店頭公開企業が
 役員報酬の個別開示に踏み切った。米国の機関投資家は、日本企業に対して、役員報酬と退職慰
 労金について株主が判断できる情報の開示を求めている。当行も株主の要求に応えて、本株主総会
 において、役員報酬と退職慰労金の個別開示を求める本提案を決議されたい。

住友銀行役員報酬開示メニューへ戻る